周到な用意と計画で車検をパス!

結局、車検は必要だし大事ですね!

私が経験した車検での辛い思いは、車検代を全て盗まれたことです。
こんな大金です。もちろん、両親にはこっぴどなく叱られました。じゃあ何故ここまでの出来事になったのかと言えば、紛れもなく私の趣味でもある温泉での出来事です。

その日は意外にも人の少ない旅館の温泉に巡り合えました。急いではやる気持ちを抑えながら湯船に浸かりました。極楽気分に浸る自分の光景は、多分この後の出来事の大きな代償です。

温泉からあがり、ロッカーの元へ行くと…なんと、鍵が壊されて中身がぐちゃぐちゃでした。一瞬、何があったのかわからず頭の中が真っ白になってしまい、我に返り急いで財布の中身を確認した。そこにある筈だった車検代が全て無くなっていました。ショックを通り越して、絶望しました。

家に帰る前に、車検に出した業者の所に行き経緯を話して車検代のツケが出来ないか聞いたところ不可能ということでした。自分の家に戻り、両親に訳を話して車検代を土下座して借りました。無事に車検を受けることが出来ましたが、それでも今その両親への返済で昼も夜も働いています。

車検で引っかかりそうな項目に、タイヤの残り溝とブレーキオイル交換という項目がありました。タイヤはスポーツタイプのタイヤをつけておりますが、残り溝は結構あります。問題は空気圧の定期的な点検でした。

簡単なことですが、結構見落としがちなこの項目ですがやっぱり二週間に一度は見てもらうことをおススメしたいと思います。その他、知り合いの紹介でブレーキオイルの交換をディーラーの見積もり額の半分でやっていただきました。これも、交換したら結構ブレーキの利きが改善されて、快適に走れております。

車検制度の有無を問えば、多分私はあった方がいい気もします。なぜならば、普段から車をメンテナンスしないユーザーによる事故を軽減できるならそれでいい気がします。

また、リザーバータンク内の液は一年交換をおススメされました。エンジンオイル交換のオイル粘度も、メーカー推奨は車の寿命を落とすだけだと言われました。メーカーだからという安心は絶対に無いみたいです。なので、たまには個人でやっているような整備工に持っていくこともおススメします。

ディーラーにとって都合の悪い話を聞けたりしますので、車の性能が良くなることも結構あります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー