周到な用意と計画で車検をパス!

無駄に高い自賠責保険。節約して車検を受けたいです!

automobile inspection

車検費用は、「車検基本料」と「法定費用」とが合わさっての合計が車検費用となります。車検基本料には、「点検料」、「検査代」、「代行手数料」などが含まれています。法定費用は諸費用とも呼ばれていて、諸費用としまして、「重量税」、「自賠責保険」、「印紙代」が含まれています。法定費用は、どこで車検を受けても必要になる部分で、どこで受けても同じ金額になっています。

車検基本料は、車検をする代行屋の儲けになってきますので、その金額で車検の値段の違いが出てきます。修理や消耗品がある場合は、別途追加金額がかかってきます。消耗品には、オイルやタイヤの交換も含まれています。
他にベルトの交換やランプの交換などが上げられます。

車検の費用を見ると、各段に軽自動車が安いことが分かります。重量税で見てみると、軽自動車が6600円、500~1000CCは16400円、1000~1500CCは24600円、1500~2000CCは32800円、2000~2500CCは41000円となっています。

自賠責保険は軽自動車が21970円、乗用車は24950円になっています。自賠責保険には人身事故による補償はありますが、車に対する補償はないので、任意の保険は必要になってきます。保障も少ないのに、きっちり金額だけは取っていくのですから、車を持っている人は無駄な保険に入らされていますね。

車検費用の節約をする場合には、ユーザー車検という方法もあります。法定費用だけになりますが、全ての点検作業をするところまで自分で運ばないといけませんで、時間に余裕がない人やお金に余裕がある人は人に任せる方が良いとおもいますね。

原則として車検を受ける場合には、書類に印紙代も必要になってきます。取られる部分が多いので、車検にはお金をかけないようにして、節約していきましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー