周到な用意と計画で車検をパス!

空気圧が原因で車検代が高くなった

tire2

私は今まで一番長く乗った車は、10年乗り続けていました。車検も合計4回受けましたが、その都度、従来より余計にかかってしまっていました。ただでさえ十万を超える車検に、部品代等がプラスされて、二十万近くになってしまった事もあります。一番損失が痛かったのが、タイヤ交換です。

本来タイヤというのは、普通に街乗り程度で済ませていれば、そんなに磨り減るものでもなく、交換までいかず、せいぜい前輪と後輪のローテーション程度で、数年間はもつようになっています。しかしそのタイヤがわずか3年で非常にすり減っていて、交換を余儀なくされてしまったのです。それはおかしいと思い、車検担当に話をきき、原因が判明しました。空気圧が低かったのです。

タイヤの空気圧が低いと、その分タイヤがへこみ、接地面が大きくなります。その状態でハンドルを切ると、本来すり減るはずのない箇所にダメージを受けてしまう事になり、結果、摩耗が激しくなってしまい、交換に至るまでになってしまったのです。そして更には燃費にも如実に関わってくるらしいのです。

言われてみれば、ハンドルが少し重かったような、そんな気がします。しかしまさか、空気圧をチェックしてなかっただけで、車検でそこまで余計なお金がかかるとは思っていなかったので、いい勉強になったと思っています。今乗っている車は、ガソリンを入れる度に、空気圧をチェックしてもらっています。あと一年で車検ですから、より慎重に、丁寧に運転して、車検費用を極力かけないように心がけています。

今の車は今までと違い、軽自動車なので、今までより車検は安いでしょうが、当時よりお金を持っていないので、一円でも安く車検を終わらせたいと、常々思っているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー